東洋経済 ONLINE STORE

書籍

なぜアップルの時価総額はソニーの8倍になったのか?

なぜアップルの時価総額はソニーの8倍になったのか?

長谷川 正人著
ISBN:9784492044148
旧ISBN:4492044140
サイズ:四六判 並製 264頁 C0034
発行日:2011年03月01日 【在庫切れ】
定価
1,728円(税込)
誰もが知っているあの会社のマーケティング戦略が、どのように数字=収益に結び付いているのか。マーケティング戦略と会計・財務戦略がドッキングした2倍おいしいビジネス解説書。

電子書籍版をご購入

  • AmazonKindle
  • 楽天KOBO
  • honto
  • BookLive
  • Reader Store
  • 紀伊国屋書店Kinoppy
  • Google Play
  • galapagos
  • パブリ

一覧新着情報

関連商品

商品詳細

目次

プロローグ 本書の読み方と用語解説
第1章 なぜアップルの時価総額は
    ソニーの8倍になったのか?
    ――ソニーとアップル
第2章 会社の「底力」と「勢い」は
    数字にどう反映されるのか?
    ――NTTドコモとソフトバンク
第3章 規模だけではない?
    世界最大手とコンパクトメーカーとの違い
    ――トヨタ自動車とスズキ
第4章 4年間で数字が激変したのはどちら?
    ――キリンホールディングスとアサヒビール
第5章 ブランドイメージは違うが、実はライバル?
    ――資生堂と花王
第6章 ガリバーを無料サービスが追う
    ――マイクロソフトとグーグル

 
著者プロフィール

長谷川正人
はせがわ まさと

大手コンサルティング会社上席コンサルタント。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。滋賀大学大学院経済学研究科客員教授。

1958年東京生まれ。1981年早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業し、同年、大手コンサルティング会社に入社。これまで市場調査業務、証券アナリスト業務、経営コンサルティング業務、財務研修講師業務等を歴任。
この本のベースとなった財務研修講座を、2002年から2006年にかけて、大手企業のビジネスマンを対象として約1600人に講義。2009年からは勤務先の新人・若手コンサルタントの研修講座として、また客員教授をつとめる滋賀大学大学院で授業として展開中。

共著に『経営用語の基礎知識』(ダイヤモンド社)、『未来萌芽』『新世代企業』『閉塞突破の経営戦略』(以上、野村総合研究所)がある。
趣味はビール缶コレクション。

著者・編集者コメント

トヨタの総資産の半分は金融事業だった!

 
イメージと違う意外な実態がわかる
ビジネスマン向け人気研修講座を単行本化


誰もがよく知るライバル2社の数字を、規模、成長性、収益性、セグメント情報、安全性、キャッシュフロー、時価総額の7つの視点で比較。

そこから導き出されたデータをマーケティングの視点からも解説。

ビジネス数字で会社をみることのおもしろさがわかります!

ランキング

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AIの誤解・限界を示す一方で、日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先は、教育の劣化を伴った最悪の恐慌だ。 (2018年02月02日発売)
定価:1,620円(税込)

ロジカル・シンキング練習帳

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

SHOE DOG(シュードッグ)

戦略子育て

ロジカル・シンキング

ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

RSS一覧 WHAT'S NEW

記事一覧インフォメーション