東洋経済 ONLINE STORE

書籍

近代日本と石橋湛山
  • 法人専用>単品購入 請求書払い

近代日本と石橋湛山

松尾 尊兌著
ISBN:9784492061909
旧ISBN:4492061908
サイズ:四六判 上製 368頁 C3021
発行日:2013年06月28日
定価
3,672円(税込)
孤高の言論人たちが描いたもう一つの世界。彼らの掲げた自由の燈光は過去の日本の暗黒を照射するだけでなく未来の日本を導く力だ。

ネット書店でご購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • ローチケHMV
  • honto
  • TSUTAYA
  • HonyaClub

電子書籍版をご購入

  • AmazonKindle
  • 楽天KOBO
  • honto
  • BookLive
  • Reader Store
  • 紀伊国屋書店Kinoppy
  • Google Play
  • galapagos
  • パブリ

一覧新着情報

関連商品

商品詳細

目次

I  『東洋経済新報』とは何だったか

II  大正デモクラシーと『東洋経済新報』

III 三浦銕太郎

IV  石橋湛山とその周辺


著者プロフィール

松尾尊
まつお・たかよし

京都大学名誉教授
1929年鳥取県生まれ。1953年旧制京都大学文学部を卒業後、京都大学人文科学研究所に入る。1981年4月に京都大学文学部史学科教授(現代史学講座担当)。大正期の地方民衆運動史や吉野作造・石橋湛山の植民地論など、大正デモクラシー史の実証的研究が専門。1993年3月に京都大学を定年退官し、京都大学名誉教授に。

著者・編集者コメント

それは近代史の奇跡だ!  

 日本で内閣制度が創設されて以来、今日まで127年余り、その間に誕生した首相は62人におよぶ。その中で石橋湛山ほど異色な人物はいない。湛山は稀代の政治家であったが、同時に卓越した思想家でもあった。彼に匹敵する政治家は存在しない。その湛山を育成したのが日本を代表する経済誌『東洋経済新報』(現在は『週刊東洋経済』)である。

 著者の松尾尊は、39歳のときに初めて『新報』の存在を知ったが、それ以来ほぼ半世紀近くにわたり、日本の民主主義と自由主義の発展に対する『新報』の寄与について多くの論文や文章を書いてきた。氏の代表的な作品は、『大正デモクラシー』(岩波書店、1974年)、『本倉』(みすず書房、1983年)、『大正デモクラシーの群像』(岩波書店、1990年)、『民主主義と帝国主義』(みすず書房、1998年)、『わが近代日本人物誌』(岩波書店、2010年)などに収録されているが、本書には、原則として、それらの著書に含まれなかった数多くの文章が4部構成で収められている。

 『東洋経済新報』は創刊以来、会社経営などの「私経済」よりも、財政・金融の大勢を論じる「公経済」を得意としてきた。その社説や論説では経済の領域にとどまらず、政治、外交、社会、教育、文化など問題も幅広く取り上げてきた。町田忠治、天野為之、植松考昭、三浦銕太郎、石橋湛山といった歴代の主幹だけでなく、片山潜、尾崎士郎、赤松克麿、高橋亀吉、清沢冽、田川太吉郎など多くの異色ある社員や寄稿家が執筆にあたってきた。その論調は自由主義で一貫し、日露戦争後から満州事変前までの大正デモクラシー期には、日本の言論界の最先端に位置した。

 「世界史の転換期にある今日、『新報』の掲げた自由の燈光は、過去の日本の暗黒を照射するだけでなく、未来の日本を導く力を失ってはいない」。本書を締めくくるに当たっての松尾の言葉だが、読者は読了後、あらめて『新報』の徹底した自由主義の真髄を再確認させられることになるだろう。

ランキング

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

  AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AIの誤解・限界を示す一方で、日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先は、教育の劣化を伴った最悪の恐慌だ。 (2018年02月02日発売)
定価:1,620円(税込)
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

未来の働き方を描いたベストセラー『ワーク・シフト』の著者が教える、100歳時代の生き方と働き方。戦略的人生設計の必読書。 (2016年10月21日発売)
定価:1,944円(税込)

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

まんがでわかる LIFE SHIFT

AI×人口減少 これから日本で何が起こるのか

中央銀行

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

2019年 日本はこうなる

HUMAN+MACHINE 人間+マシン

RSS一覧 WHAT'S NEW

記事一覧インフォメーション