東洋経済 ONLINE STORE

書籍

喪失の戦後史
  • 法人専用>単品購入 請求書払い

喪失の戦後史

平川 克美著
ISBN:9784492062012
旧ISBN:4492062017
サイズ:四六判 並製 240頁 C0021
発行日:2016年08月26日
定価
1,620円(税込)
戦前・戦後の日本人の肖像を、大衆文化の変遷と家族構造の変化を軸に授業形式で語る。蒲田の町工場生まれの著者による体験的戦後史論

ネット書店でご購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • ローチケHMV
  • honto
  • TSUTAYA
  • HonyaClub

電子書籍版をご購入

  • AmazonKindle
  • 楽天KOBO
  • honto
  • BookLive
  • Reader Store
  • 紀伊国屋書店Kinoppy
  • Google Play
  • galapagos
  • e-hon
  • パブリ

一覧新着情報

関連商品

商品詳細

目次
はじめに

第1講 忘れられた戦前昭和 ~小津映画と帰ってこなかった次男たち

第2講 占領下の日本 ~「日本封建制の優性遺伝子」と家族形態

第3講 高度経済成長期の希望 ~ヒーローを必要としていた時代

第4講 相対安定期の夢 ~『あしたのジョー』から『釣りバカ日誌』の時代へ

第5講 分断の停滞期 ~長期デフレという嘘と「三方一両損」の時代

あとがきにかえて~歴史を学ぶということ
著者プロフィール
平川克美
ひらかわ・かつみ

事業家、文筆家、「隣町珈琲」店主、声と語りのダウンロードサイト「ラジオデイズ」代表(株式会社ラジオカフェ代表取締役)、立教大学大学院客員教授。1950年、東京都生まれ。1975年早稲田大学理工学部機械工学科卒業。友人の内田樹氏らと渋谷区道玄坂に翻訳を主業務とするアーバン・トランスレーションを設立、代表取締役となる。著書に『グローバリズムという病』(東洋経済新報社)、『株式会社という病』 (文春文庫)、『経済成長という病』 (講談社現代新書)、『移行期的混乱』(ちくま文庫)、『路地裏の資本主義』(角川SSC新書)、『一回半ひねりの働き方 反戦略的ビジネスのすすめ』(角川新書)、『小商いのすすめ』『「消費」をやめる』(ミシマ社)、『俺に似たひと』(朝日文庫)、『復路の哲学』(夜間飛行)、『「あまのじゃく」に考える』(三笠書房)、『何かのためではない、特別なこと』(平凡社)、『言葉が鍛えられる場所』(大和書房)などがある。
著者・編集者コメント
平川克美氏の好評セミナー「100分授業」をベースに単行本化。
戦前から戦後の日本人が、何を考え、どう変化してきたのか。
成長の「残影」と消費の「幻影」とは何だったのか。
授業形式で、大衆文化の変遷や、人口構造の変化にともなう家族構造の類型を分析。


100年にわたる時間の帯のなかを鳥瞰し、わたしたちがどういった時代に立ち、これからどこへ向かって歩み出そうとしているのかを考える。
1950年に東京・蒲田の町工場の長男として生まれ、「三丁目の夕日」に象徴される高度成長期から今日までの日本の栄枯盛衰をリアルタイムで見てきた著者による、映画・小説・プロレスなど大衆文化史も交えた体験的戦後史論。
 

ランキング

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

  AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AIの誤解・限界を示す一方で、日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先は、教育の劣化を伴った最悪の恐慌だ。 (2018年02月02日発売)
定価:1,620円(税込)
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

未来の働き方を描いたベストセラー『ワーク・シフト』の著者が教える、100歳時代の生き方と働き方。戦略的人生設計の必読書。 (2016年10月21日発売)
定価:1,944円(税込)

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

まんがでわかる LIFE SHIFT

AI×人口減少 これから日本で何が起こるのか

中央銀行

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

2019年 日本はこうなる

HUMAN+MACHINE 人間+マシン

RSS一覧 WHAT'S NEW

記事一覧インフォメーション