東洋経済 ONLINE STORE

書籍

政官スクラム型リーダーシップの崩壊
  • 法人専用>単品購入 請求書払い

政官スクラム型リーダーシップの崩壊

村松 岐夫著
ISBN:9784492211854
旧ISBN:4492211853
サイズ:A5判 上製 324頁 C3031
発行日:2010年04月02日
定価
4,320円(税込)
戦後日本の政治を規定してきた政権党(自民党)と省庁官僚制の関係がいかなるものであったか、それがどう崩壊したかを分析。日本政治を展望し、今後の政治のあり方を考える必読文献。

ネット書店でご購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • ローチケHMV
  • honto
  • TSUTAYA
  • HonyaClub

一覧新着情報

関連商品

商品詳細

目次

第1章 「政官スクラム型リーダーシップ崩壊」仮説
第2章 省庁官僚の活動量の後退
第3章 省庁官僚の政治変化と省庁官僚制
    :政治的中立化
第4章 自民党における組織規律の後退
第5章 「国会議員の行動の独立化」仮説
第6章 政官スクラムと団体
第7章 「政官スクラム」の地方的基礎の変容
第8章 政官スクラムの影響力の盛衰と類型
第9章 政治とテクノクラット

 
著者プロフィール

村松岐夫
むらまつ・みちお

学習院大学法学部教授、京都大学名誉教授。
1962年京都大学法学部卒業。京都大学法学博士。京都大学大学院法学研究科教授等を経て現職。

主な著書に『戦後日本の官僚制』、『地方自治』、『日本の行政』、『行政学教科書』、『平成バブルの研究(上・下)』(編著)、『平成バブル先送りの研究』(編著)、『包括的地方自治ガバナンス改革』(編著)、『日本政治 変動の30年』等がある。

著者・編集者コメント

政と官の適切な関係を問い直す

 

 「村松行政学」の集大成となるべき1冊。戦後日本の政治を規定してきた政権党(自民党)と省庁官僚制の関係がいかなるものであったのか、それがどのように崩壊していったのかを分析。

本書では、戦後の長きにわたって続いた自民党と官僚制の関係が政官スクラムと名づけられる。1980年代以降の、プラザ合意、バブルの発生と崩壊、冷戦終了とグローバリゼーションの進展、細川内閣の成立、自民党分裂と下野、自民党の復権と長い不況(失われた10年)、省庁再編(大蔵省から銀行局分離)、小泉政権の成立等の政治イベントのなかで、この政官スクラムがどのように変容してきたかが述べられている。

こうした流れのなかで、政官スクラム関係は、社会党のイデオロギーの変化、財政リソースの減少、小選挙区と党首リーダーシップの誕生、与野党の本格的な競争などを経て、崩壊にいたったと論じられる。そのうえで、新しい官僚システムを展望する。

ランキング

MBA100の基本

MBA100の基本

これ以上やさしく書けないMBAのエッセンス。100の基本コンセプトを軸に、復習にも使える仕事・ビジネスの便利帳。 (2017年01月20日発売)
定価:1,620円(税込)
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

未来の働き方を描いたベストセラー『ワーク・シフト』の著者が教える、100歳時代の生き方と働き方。戦略的人生設計の必読書。 (2016年10月21日発売)
定価:1,944円(税込)

不道徳な見えざる手

僕らが毎日やっている最強の読み方

たった1日で声まで良くなる話し方の教科書

江部康二の糖質制限革命

決定版AI 人工知能

最強の働き方

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編

RSS一覧 WHAT'S NEW

記事一覧インフォメーション