東洋経済 ONLINE STORE

書籍

行政ビジネス
  • 法人専用>単品購入 請求書払い

行政ビジネス

稲継 裕昭著/山田 賢一著
ISBN:9784492211960
旧ISBN:4492211969
サイズ:四六判 並製 232頁 C3031
発行日:2011年10月28日
定価
2,160円(税込)
これからは行政も営業をしないと生き残れない。恐竜博物館をはじめ、数々の仕掛けでブランド発信をしている福井県を例にとり、新しい行政の仕事のあり方を考える。行政の常識を覆す衝撃の書。

ネット書店でご購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • ローチケHMV
  • honto
  • TSUTAYA
  • HonyaClub

一覧新着情報

関連商品

商品詳細

目次

第1章 「行政がビジネスをする」ということ
第2章 行政ビジネスを理解する
第3章 行政ビジネスを進める
第4章 行政ビジネスを創造する
第5章 行政ビジネスのこれから

 
著者プロフィール

稲継裕昭
いなつぐ・ひろあき

早稲田大学政治経済学術院教授。1983年京都大学法学部卒業。京都大学博士(法学)。大阪市職員、姫路獨協大学助教授、大阪市立大学大学院法学研究科教授等を経て現職。放送大学客員教授。

主な著書:
『地方自治入門』(有斐閣、2011年)
『現場直言! プロ公務員の変革力』(学陽書房、2011年)
『プロ公務員を育てる人事戦略 PART2』(ぎょうせい、2011年)
『プロ公務員を育てる人事戦略』(ぎょうせい、2008年)
『自治体の人事システム改革』(ぎょうせい、2006年)
『公務員給与序説』(有斐閣、2005年)
『人事・給与と地方自治』(東洋経済新報社、2000年)
『日本の官僚人事システム』(東洋経済新報社、1996年)

山田賢一
やまだ・けんいち

福井県観光営業部企画幹。
1983年京都大学法学部卒業。総合政策部政策推進課長、観光営業部ブランド営業課長を経て現職。福井県の主要政策の一つである「ふくいブランド」プロジェクトに2005年から従事。特に、民間企業や大学との共同プロジェクトを推進。現在は、地域ブランド、観光誘客、ふるさと帰住を複合的に展開。新しい官民協働のビジネスモデルを確立し、スケールの大きな成果につながるよう「営業」活動中。

著者・編集者コメント

「恐竜博物館」など、福井県観光営業部の取組みを 紹介しながら、挑戦する行政の姿を描く。

 

「それは民間の仕事で、行政が手を出すべきではない」。
このような、伝統的な官民の役割分担論がある。行政は許認可や規制を行い、補助金を出すもので、民間は商品を作ったり、売り込んだりする、という考え方だ。
しかしそれだけではもう、地域の課題を解決できないのは明らかだ。

行政にも民間にも、当然のことながらさまざまな制約がある。それを乗り越えていく新しい挑戦、それが「行政ビジネス」である。

本書では、福井県観光営業部のさまざまな試みを紹介しながら、 この新しいビジネスの可能性と面白さを示してみたい。

ランキング

MBA100の基本

MBA100の基本

これ以上やさしく書けないMBAのエッセンス。100の基本コンセプトを軸に、復習にも使える仕事・ビジネスの便利帳。 (2017年01月20日発売)
定価:1,620円(税込)
僕らが毎日やっている最強の読み方

僕らが毎日やっている最強の読み方

2人の誰でもできる「インプットの技法」をまとめた読者待望の1冊。共通点と違いとともに、「知の源泉」が初めて明らかに。 (2016年12月16日発売)
定価:1,512円(税込)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

最強の働き方

ITロードマップ 2017年版

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編

伝えることから始めよう

就職四季報 女子版2018年版

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

RSS一覧 WHAT'S NEW

記事一覧インフォメーション