東洋経済 ONLINE STORE

書籍

アニマルスピリット
  • 法人専用>単品購入 請求書払い

アニマルスピリット

アカロフ,G.A.著/シラー,R.J.著/山形 浩生訳
ISBN:9784492313985
旧ISBN:4492313982
サイズ:四六判 上製 340頁 C3033
発行日:2009年05月29日
定価
2,376円(税込)
ノーベル賞受賞経済学者とベストセラー著者がタッグを組んで、かつてケインズが指摘した「アニマル・スピリット」の重要性を明らかにする。経済危機に関する深い知見を得られる野心作。

ネット書店でご購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • ローチケHMV
  • honto
  • TSUTAYA
  • HonyaClub

電子書籍版をご購入

  • AmazonKindle
  • 楽天KOBO
  • honto
  • BookLive
  • Reader Store
  • 紀伊国屋書店Kinoppy
  • Google Play
  • galapagos
  • パブリ

一覧新着情報

関連商品

商品詳細

目次

第I部 アニマルスピリット
 第1章 安心さとその乗数
 第2章 公平さ
 第3章 腐敗と背信
 第4章 貨幣錯覚
 第5章 物語

第II部 八つの質問とその回答
 第6章 なぜ経済は不況に陥るのか?
 第7章 なぜ中央銀行は経済に対して
     (持つ場合には)力を持つのか?
 第8章 なぜ仕事の見つからない人がいるのか?
 第9章 なぜインフレと失業はトレードオフ関係にあるのか?
 第10章 なぜ未来のための貯蓄はこれほどいい加減なのか?
 第11章 なぜ金融価格と企業投資はこんなに変動が激しいのか?
 第12章 なぜ不動産価格には周期性があるのか?
 第13章 なぜ黒人には特殊な貧困があるのか?
 第14章 結論

 
著者プロフィール

ジョージ・A・アカロフ
George A. Akerlof

カリフォルニア大学バークレー校コシュランド経済学教授。
2001年ノーベル経済学賞受賞。

ロバート・シラー
Robert J. Shiller

Irrational Exuberance(邦訳『投機バブル 根拠なき熱狂』)、SubprimeSolutionというベストセラー書籍の著者。イェール大学アーサー・M・オークン経済学教授。

山形浩生(訳者)
やまがた ひろお

1964年東京生まれ。東京大学工学系研究科都市工学科修士課程修了。マサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程修了。大手調査会社に勤務するかたわら、科学、文化、経済からコンピュータまで、広範な分野での翻訳と執筆活動を行う。

[著書]
『要するに』(河出文庫、2008年)
『新教養としてのパソコン入門』(アスキー新書、2007年)
『新教養主義宣言』(河出文庫、2007年)
『たかがバロウズ本。』(大村書店、2003年)など。

[訳書]
クルーグマン『クルーグマン教授の経済入門』(ちくま学芸文庫、2009年)
ウインター『人でなしの経済理論』(バジリコ、2009年)
ブラックモア『「意識」を語る』(共訳、NTT出版、2009年)
オクレリー『無一文の億万長者』(共訳、ダイヤモンド社、2009年)
レッドビーター『ぼくたちが考えるに、』(共訳、エクスナレッジ、2009年)
ミルグラム『服従の心理』(河出書房新社、2008年)
ロンボルグ『地球と一緒に頭も冷やせ!』(ソフトバンク クリエイティブ、2008年)ほか多数。

著者・編集者コメント

シラー教授は2013年に、アカロフ教授は2001年に
ノーベル経済学賞を受賞。

ともにノーベル賞を受賞した、主流のなかの主流の二人が、主流派経済学のあり方を批判しつつ、「人間」を軸に据えたマクロ経済学が必要だと説いた意欲作。

偉大な経済学者ジョン・メイナード・ケインズが代表作『雇用、利子、お金の一般理論』で提示したアニマルスピリットと、経済学の新しい分野である行動経済学の成果を組み合わせて、危機に陥った現実経済の説明を試みる。

「金融学とは金儲けのための学問ではない。人間行動の研究である」というシラー教授の基本思想どおりに、人間のアニマルスピリット(衝動、血気)を安心、公平さ、腐敗と背信、貨幣錯覚、物語といった要素に分解して、それぞれがアメリカの有名な経済現象にどう関与していたかを紹介していく。

たとえば、

・1991年ころのS&L危機
・2001年ころのエンロン問題
・2007年ころのサブプライムローン問題

などだ。もっと古い経済問題では、1890年代の不況や、1920年代の過熱経済、1930年代の大恐慌も分析の対象となっている。本書自体が、説得力のある一つの物語となっているようだ。

本書が刊行された2009年当時、金融危機で途方に暮れていた当局に対して、本書は独自の分析と鋭い政策提言を行い、注目を集めた。専門家ではない人も読めるタイムリーな経済書として、世界各国で読まれた。

日本でも、週刊ダイヤモンドの2009年ベスト経済書ランキングで、堂々1位に輝いている。

一流の経済学者がどのように経済を見ているかを追体験できる本。

ランキング

MBA100の基本

MBA100の基本

これ以上やさしく書けないMBAのエッセンス。100の基本コンセプトを軸に、復習にも使える仕事・ビジネスの便利帳。 (2017年01月20日発売)
定価:1,620円(税込)
僕らが毎日やっている最強の読み方

僕らが毎日やっている最強の読み方

2人の誰でもできる「インプットの技法」をまとめた読者待望の1冊。共通点と違いとともに、「知の源泉」が初めて明らかに。 (2016年12月16日発売)
定価:1,512円(税込)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

最強の働き方

ITロードマップ 2017年版

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編

伝えることから始めよう

就職四季報 女子版2018年版

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

RSS一覧 WHAT'S NEW

記事一覧インフォメーション