東洋経済 ONLINE STORE

書籍

平成バブルの研究(下)

平成バブルの研究(下)

村松 岐夫編/奥野 正寛編
ISBN:9784492393680
旧ISBN:4492393684
サイズ:A5判 上製 514頁 C3033
発行日:2002年03月08日 【在庫切れ】
定価
4,536円(税込)
バブル経済の「発生・崩壊研究」の決定版。日本経済が経験した急激な資産価格の上昇・下降と停滞。それらの問題点を経済・政治学者20人が徹底分析する。

一覧新着情報

関連商品

商品詳細

目次

 【上巻目次】

序 章 3つの視点と21のなぜ

第1部 20年間の金融と「体制」

第1章 バブル経済とその破綻処理
第2章 1980年代後半の資産価格バブル発生と90年代の不況の原因
第3章 バブル経済と日本銀行の独立性

第2部 バブルとは何か

第4章 バブルとはなにか
第5章 日本の貯蓄超過と「バブル」の発生
第6章 日本のバブルとマスメディア

第3部 銀行・国債・土地価格

第7章 1980年代の銀行経営
第8章 バブル形成・崩壊期の国債発行
第9章 土地バブル

 【下巻目次】

第4部 「先取り」と「先送り」の政治経済学

第10章 戦後日本における政策実施:政党と官僚
第11章 先送り現象の分析
第12章 財政政策の成功と金融政策の失敗

第5部 世論・政治・相互依存

第13章 公的資金投入をめぐる世論・政治
第14章 地域金融機関と地方政府

第6部 政治・経済構造の変貌

第15章 長期超低金利政策の政治経済学
第16章 大蔵ネットワーク

第7部 協調の挫折とグローバリゼーション

第17章 国際システムの受容と日本のバブル
第18章 バブル形成・崩壊の背景としての日米経済関係
第19章 韓国における金融危機後の金融と政治
終 章 教訓の模索と14の提言

バブル経済関連年表


ランキング

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AIの誤解・限界を示す一方で、日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先は、教育の劣化を伴った最悪の恐慌だ。 (2018年02月02日発売)
定価:1,620円(税込)

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

SHOE DOG(シュードッグ)

40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方

ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

MBA生産性をあげる100の基本

MBA100の基本

RSS一覧 WHAT'S NEW

記事一覧インフォメーション