東洋経済 ONLINE STORE

書籍

「嫌消費」世代の研究

「嫌消費」世代の研究

松田 久一著
ISBN:9784492395219
旧ISBN:4492395210
サイズ:四六判 並製 212頁 C3033
発行日:2009年11月13日 【在庫切れ】
定価
1,620円(税込)
若者の消費スタイルが変化している。その理由を若者の強い「劣等感」に見いだし、劣等感の形成過程と経済への影響を、独自調査をもとに詳しく分析。新しい「世代論」を提案する。

電子書籍版をご購入

  • AmazonKindle
  • 楽天KOBO
  • honto
  • BookLive
  • Reader Store
  • 紀伊国屋書店Kinoppy
  • Google Play
  • galapagos
  • パブリ

一覧新着情報

関連商品

商品詳細

目次

第1章 嫌消費の時代
第2章 嫌消費世代の登場とプロフィール
第3章 嫌消費の要因は世代特性か、低収入か
第4章 世代論はどこまで有効か
第5章 嫌消費世代のマインドと市場攻略
終 章 未来の消費社会


 
著者プロフィール

松田 久一
まつだ ひさかず

 

ジェイ・エム・アール生活総合研究所代表取締役社長、日本マーケティング研究所代表取締役社長を兼務。1956年兵庫県生まれ。1980年、同志社大学商学部卒業後、日本マーケティング研究所入社。情報家電産業及び食品、日用品業界でのリサーチ、マーケティング及び戦略経営の実務を経験。現在では実務のかたわら、政府や自治体などの経済関係の専門委員も務めている。

主著に『消費社会の戦略的マーケティング』(ジェイ・エム・アール生活総合研究所、2003)『図解 決戦!業界関ヶ原』(洋泉社、2008)他。論文多数。

著者・編集者コメント

 

「クルマ買うなんてバカじゃないの?」

若者の消費が変化している。若者はなぜ、物を買わなくなっているのか。そこには巷間ささやかれている「低収入」「格差」「非正規雇用の増加」以上に深刻な、彼ら独特の心理=「劣等感」が強く影響している。

本書では「収入が十分あっても消費しない」傾向を「嫌消費」と名付け、大規模な統計調査と聞き取り調査をもとに、「嫌消費」を担う世代=20代後半の「買わない心理」の原因と深層に鋭く迫る。ビジネスパーソン必読の一冊。

 

ランキング

右脳思考

右脳思考

仕事では勘や感覚(右脳)よりもロジック(左脳)が大事と言われるが、本当にそうだろうか?右脳と左脳の使い分けを解説。 (2018年12月26日発売)
定価:1,728円(税込)
AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AIの誤解・限界を示す一方で、日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先は、教育の劣化を伴った最悪の恐慌だ。 (2018年02月02日発売)
定価:1,620円(税込)

MBA 問題解決100の基本

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

丹羽宇一郎 習近平の大問題

日本人の勝算

まんがでわかる LIFE SHIFT

西洋の自死

RSS一覧 WHAT'S NEW

記事一覧インフォメーション