東洋経済 ONLINE STORE

書籍

ザ・パニック

ザ・パニック

ブルナー,R.F.著/カー,S.D.著/雨宮 寛訳/今井 章子訳
ISBN:9784492443613
旧ISBN:4492443614
サイズ:四六判 上製 376頁 C3033
発行日:2009年08月26日 【在庫切れ】
定価
2,592円(税込)
2007年サブプライム危機に似ているといわれる1907年金融恐慌について、取り付け騒ぎで騒然とするウォール街を救い危機を終結させた男、J・P・モルガンの奮闘ぶりに迫る。

一覧新着情報

関連商品

商品詳細

目次

第1章 ウォール街の支配者たち
第2章 システムへのショック
第3章 「静かなる」暴落
第4章 やせ細る信用
第5章 銅の王者
第6章 買い占めと引き締め
第7章 ドミノ倒し
第8章 資金決済機構
第9章 ニッカーボッカー信託会社
第10章 不信任投票
第11章 古典的取り付け騒ぎ
第12章 おそらく必要とされるであろう支援
第13章 アメリカ信託会社
第14章 取引所の危機
第15章 渦中の都市
第16章 興奮のるつぼ
第17章 現代のメディチ
第18章 迅速かつ徹底的な救済
第19章 危機脱出
第20章 連鎖反応
教 訓 パーフェクト・ストームという名の金融危機


 
著者・編集者コメント

編集者コメント


ノーベル賞受賞経済学者のクルーグマンも「1907年の金融恐慌との類似点は明らかである」と指摘したように、1907年の金融危機は、米国発の世界危機であったことと、資産価値のバブル的な上昇ではなく複雑な金融商品が原因で起こった金融危機という点で今回の2007年サブプライム金融危機に非常に似ているといわれる。

2007年サブプライム危機から溯ることちょうど100年前の1907年秋、取り付け騒ぎで騒然とするウォール街を救ったのは、J・ピアポント・モルガンだった。その後、「今後どんな金融危機のときにもモルガンがいるとは限らない」としてFRB(連邦準備制度)が設立されたのは、あまりにも有名な話である。

本書では、1907年金融危機の起こった背景、そしていかに1つの金融機関への取り付け騒ぎがあっという間に別の金融機関に飛び火し、野火のようにウォール街をなめつくす勢いで燃え広がっていったかを、数日の動きを克明に追うことで紙上に再現し、「私がここで危機を終わらせる」と宣言して獅子奮迅の働きをしたJ・ピアポント・モルガンの活躍ぶりに迫るものである。彼は3週間ばかりの間、彼の会社JPモルガン商会と彼の金融王としてのネットワークを駆使してキャッシュ不足に陥った金融機関を次々と救済し、破綻直前のニューヨーク市を救い、人々の信頼を回復することに専念し、ついにその宣言どおり危機を終結させたのである。

本書では、金融危機を引き起こす要因は何かについて、その7つの大きな要因に迫ることで本質をあぶり出し、さらに危機が起こった後のJ・ピアポント・モルガンの行動をつぶさに追うことで、危機を終結させる手段の本質は何かについても洞察し、現在および将来起こりうるであろう危機への対処の示唆となるものを引きだそうというものである。

   

ランキング

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AIの誤解・限界を示す一方で、日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先は、教育の劣化を伴った最悪の恐慌だ。 (2018年02月02日発売)
定価:1,620円(税込)

まんがでわかる LIFE SHIFT

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

落とした脂肪は合計10トン!伝説のダイエット・アドバイザーが教える最強のやせ方

医療現場の行動経済学

日本史で学ぶ経済学

初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書

RSS一覧 WHAT'S NEW

記事一覧インフォメーション