東洋経済 ONLINE STORE

書籍

ポーターの『競争の戦略』を使いこなすための23問
  • 法人専用>単品購入 請求書払い

ポーターの『競争の戦略』を使いこなすための23問

牧田 幸裕著
ISBN:9784492533123
旧ISBN:4492533125
サイズ:A5判 並製 224頁 C3034
発行日:2012年04月20日
定価
1,944円(税込)
ポーターの基本戦略を使いこなして、尖った差別化を機能させるためにはどうしたらいいのか。戦略コンサルタント出身の著者が理論を結果に結びつける実践法をQ&A形式で解説する。

ネット書店でご購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • ヨドバシカメラ
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • ローチケHMV
  • honto
  • TSUTAYA
  • HonyaClub
  • ブックサービス

電子書籍版をご購入

  • AmazonKindle
  • 楽天KOBO
  • honto
  • BookLive
  • Reader Store
  • 紀伊国屋書店Kinoppy
  • Google Play
  • galapagos
  • パブリ

一覧新着情報

関連商品

商品詳細

目次

PART1 なぜ事業戦略は機能しないのか?
 Q1 日本企業が策定する事業戦略は、なぜ結果を出せないケースが多いのか?
Q2 事業戦略の基本パターンには何があるのか?
Q3 コストリーダーシップを採用できる企業は、どのような企業なのか? また、コストリーダーシップと低価格戦略は、同じ戦略なのか? Q4 差別化を採用すべき企業は、どのような企業なのか? 差別化を採用した場合、全体市場をターゲット顧客にできるのか? 低価格戦略は差別化ではないのか? 差別化と集中は何が違うのか? PART2 なぜ『競争の戦略』を使いこなせないのか? Q5 なぜ『競争の戦略』は実際のビジネスの事業戦略策定で使いこなすのが非常に難しいのか? Q6 どうすれば業界構造分析と戦略基本パターンをつなげることができるのか? Q7 熾烈なシェア争いから脱却し、「手詰まり型事業」に陥らないためには、どうすればよいのか? Q8 なぜ日本企業の戦略基本パターンは、違う競争軸を出せないのか? PART3 顧客に「有意差」を感じさせられるか?  Q9 機能する差別化を実現するために、日本企業が乗り越えなければならない課題は何か? Q10 ターゲット顧客に当事者意識を持って、肌感覚を持って、憑依することができるか? Q11 どうすれば顧客に「有意差」を感じさせられるか? Q12 どうすれば「突き抜けること」ができて、有意差を実現できるのか? Q13 どうすれば「今までにない」競争軸で、有意差を実現できるのか? Q14 捨てる勇気を持ち、不要な競争軸を「取り除く」ことができるか?
PART4 簡単に真似されない差別化を実現できるか? Q15 なぜ日本企業の差別化の賞味期間は短いのか?  どうすれば賞味期間を長くできるのか? Q16 なぜベストプラクティスを真似することは非常に難しいのか? Q17 どうすればビジネスモデルでの差別化が機能するようになるのか? PART5 次から次へと差別化を実現できるか? Q18 次から次へと差別化を実現するために、社長や事業担当リーダーは、企画会議で戦略立案担当者をどうサポートすべきなのか? Q19 どうすれば、差別化の失敗を許容・評価できるようになるのか? Q20 差別化に失敗したときに、早く撤退し傷を浅くするにはどうすればいいのか? Q21 次から次へと差別化を実現するために、マーケティング部門と製品開発部門は、どう連携していけばよいのか? PART6 プロフェッショナルの戦略立案担当者になれるか? Q22 機能する差別化を実現する際に、最初から最後まで気を付けなければならない一番重要なポイントは何か? Q23 どうすれば差別化構想力を身につけ、機能する差別化を発想できるようになるのか?
著者プロフィール

牧田幸裕
まきた・ひろゆき

信州大学 経営大学院 准教授
青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科 非常勤講師
1970年京都市生まれ。京都大学経済学部卒業、京都大学大学院経済学研究科修了。ハーバード大学経営大学院エグゼクティブ・プログラム(GCPCL)修了。アクセンチュア戦略グループなどを経て、2003年IBMビジネスコンサルティングサービスへ移籍。インダストリアル事業本部クライアント・パートナー。製造業、消費財企業の中期経営計画策定支援、成長戦略策定支援などを行う。IBMでは4期連続最優秀インストラクター。2006年、信州大学大学院経済・社会政策科学研究科助教授。07年より現職。

著書に『フレームワークを使いこなすための50問』『ラーメン二郎にまなぶ経営学』(いずれも東洋経済新報社)、雑誌連載など多数。

著者・編集者コメント

Q なぜ『競争の戦略』を実務で使いこなすのは難しいのか?
Q なぜ差別化の賞味期間はわずか3カ月なのか?
Q どうすれば差別化を次から次へと実現できるのか?


低価格競争というチキンレースを続ける牛丼3社に未来はない?
「粉」で突き抜けたハッピーターン、亀田製菓は7年連続売上拡大。
親の肌感覚で顧客ニーズを顕在化、ターゲット児童693万人に600万足売った「瞬足」……

ポーターの基本戦略を使いこなして、日本企業が競争力を高める方法が豊富な事例から学べる

多くの日本企業で現状を打破する経営戦略が描けていないのはなぜなのか。
経営戦略なる代物は、そもそも役に立たないものなのか。
この問いに答え、多くの日本企業が経営戦略策定のどこで躓き、どうすれば経営戦略を機能させ、競争力を高められるのかを明らかにすることが、本書の目的である。

ランキング

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

未来の働き方を描いたベストセラー『ワーク・シフト』の著者が教える、100歳時代の生き方と働き方。戦略的人生設計の必読書。 (2016年10月21日発売)
定価:1,944円(税込)
MBA100の基本

MBA100の基本

これ以上やさしく書けないMBAのエッセンス。100の基本コンセプトを軸に、復習にも使える仕事・ビジネスの便利帳。 (2017年01月20日発売)
定価:1,620円(税込)

伊藤元重が警告する日本の未来

寂しい生活

僕らが毎日やっている最強の読み方

たった1日で声まで良くなる話し方の教科書

不道徳な見えざる手

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編

最強の働き方

RSS一覧 WHAT'S NEW

記事一覧インフォメーション