東洋経済 ONLINE STORE

書籍

ITロードマップ 2016年版

ITロードマップ 2016年版

野村総合研究所 デジタルビジネス推進部著
ISBN:9784492581070
旧ISBN:4492581073
サイズ:A5判 並製 288頁 C3034
発行日:2016年03月11日 【在庫切れ】
定価
2,592円(税込)
人工知能、IoT(Internet of Things)、APIエコノミー、FinTech、デジタル・マーケティング・・・・・・

ビジネス・経済・社会のしくみを変える技術トレンドを徹底予測

2015年は、IoT(Internet of Things)や人工知能、ロボット、さらにはFinTechといった技術が話題となった。
特に人工知能は、この2、3年のIT業界における大きなトレンドとなっているビッグデータの処理や分析を効率よく行い、
人間の意思決定を支援してくれる技術として、やや過剰ともいえるほど期待が高まっている。
また、ファイナンスとテクノロジーを組み合わせた造語であるFinTechも「金融業界に革命を起こす可能性がある」として、
期待と不安から急速に関心が高まっている。

本書は、ITをビジネスに活用する企業の経営者や企画部門の方、実際にITの開発や運用に携わる方々に対して、
2016年以降のIT利活用のナビゲーションとなるべく、以下のような構成としている。

■第1章 「ITロードマップとは」
ITロードマップの概要を紹介するとともに、前作の簡単なサマリを記した。
また、「2030年のIT」として、2030年に向けての技術動向および企業に対する影響についても解説している。

■第2章 「5年後の重要技術」
5年先までの間にビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられるITとして「人工知能」「IoT」「APIエコノミー」等の技術トレンドについて紹介した。また、関連するトピックスとして、「パーソナルロボット」「IoTのセキュリティ」「ハッカソン」等をコラム形式で取り上げている。

■第3章 「複合的なITの活用による新サービスの可能性」
技術の観点からの切り口ではなく、特定業界と関係が深いテーマを扱っている。具体的には、金融業界と関係の深い「FinTech」、流通小売業界と関係の深い「リテールTech」、広告業界と関係の深い「デジタル・マーケティング」を取り上げた。
また、FinTechの中で特に注目を集めている「ロボ・アドバイザー」と「ブロックチェーン」については、やや長めのコラムとして、解説を加えている。
 

電子書籍版をご購入

  • AmazonKindle
  • 楽天KOBO
  • honto
  • BookLive
  • Reader Store
  • 紀伊国屋書店Kinoppy
  • Google Play
  • galapagos
  • e-hon
  • パブリ

一覧新着情報

関連商品

商品詳細

目次
第1章 ITロードマップとは
1.1 『ITロードマップ』とは
1.2 『ITロードマップ 2015年版』の要約
1.3 2030年のIT

第2章 5年後の重要技術
2.1 人工知能
2.2 IoT(Internet of Things)
2.3 ウェアラブルコンピューティング
2.4 カスタマー・エクスペリエンス
2.5 APIエコノミー

第3章 複合的なITの活用による新サービスの可能性
3.1 FinTech
3.2 リテールTech
3.3 デジタル・マーケティング

【コラム】
・パーソナルロボットによる新たなマーケットの創出
・IoTのセキュリティ
・オープンイノベーションの扉―注目されるハッカソン
・SOAPとRESTの違い
・ロボ・アドバイザー
・ブロックチェーン―金融機関中心に世界中で注目が高まる
・金融業界におけるオープンイノベーションとは?
・デジタルコマースの新潮流
著者プロフィール
野村総合研究所 デジタルビジネス推進部
のむらそうごうけんきゅうしょ でじたるびじねすすいしんぶ

進展著しい情報技術の動向を把握、分析、予測するITアナリスト集団。
情報技術の変化を敏感に捉え、顧客企業やNRIグループが適切なIT投資や研究開発を行うための戦略立案機能のほか、顧客によるデジタルビジネスの推進を加速するオープンイノベーション機能を持つ。
編集者コメント
人工知能、IoT(Internet of Things)、APIエコノミー、FinTech、デジタル・マーケティング・・・・・・

ビジネス・経済・社会のしくみを変える技術トレンドを徹底予測

2015年は、IoT(Internet of Things)や人工知能、ロボット、さらにはFinTechといった技術が話題となった。
特に人工知能は、この2、3年のIT業界における大きなトレンドとなっているビッグデータの処理や分析を効率よく行い、
人間の意思決定を支援してくれる技術として、やや過剰ともいえるほど期待が高まっている。
また、ファイナンスとテクノロジーを組み合わせた造語であるFinTechも「金融業界に革命を起こす可能性がある」として、
期待と不安から急速に関心が高まっている。

本書は、ITをビジネスに活用する企業の経営者や企画部門の方、実際にITの開発や運用に携わる方々に対して、
2016年以降のIT利活用のナビゲーションとなるべく、以下のような構成としている。

■第1章 「ITロードマップとは」
ITロードマップの概要を紹介するとともに、前作の簡単なサマリを記した。
また、「2030年のIT」として、2030年に向けての技術動向および企業に対する影響についても解説している。

■第2章 「5年後の重要技術」
5年先までの間にビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられるITとして「人工知能」「IoT」「APIエコノミー」等の技術トレンドについて紹介した。また、関連するトピックスとして、「パーソナルロボット」「IoTのセキュリティ」「ハッカソン」等をコラム形式で取り上げている。

■第3章 「複合的なITの活用による新サービスの可能性」
技術の観点からの切り口ではなく、特定業界と関係が深いテーマを扱っている。具体的には、金融業界と関係の深い「FinTech」、流通小売業界と関係の深い「リテールTech」、広告業界と関係の深い「デジタル・マーケティング」を取り上げた。
また、FinTechの中で特に注目を集めている「ロボ・アドバイザー」と「ブロックチェーン」については、やや長めのコラムとして、解説を加えている。
 

ランキング

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AIの誤解・限界を示す一方で、日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先は、教育の劣化を伴った最悪の恐慌だ。 (2018年02月02日発売)
定価:1,620円(税込)
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

未来の働き方を描いたベストセラー『ワーク・シフト』の著者が教える、100歳時代の生き方と働き方。戦略的人生設計の必読書。 (2016年10月21日発売)
定価:1,944円(税込)

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

2019年 日本はこうなる

まんがでわかる LIFE SHIFT

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

中央銀行

AI×人口減少 これから日本で何が起こるのか

HUMAN+MACHINE 人間+マシン

RSS一覧 WHAT'S NEW

記事一覧インフォメーション