東洋経済 ONLINE STORE

書籍

金融工学20年

金融工学20年

今野 浩著
ISBN:9784492670217
旧ISBN:4492670211
サイズ:四六判 上製 240頁 C3033
発行日:2005年07月08日 【在庫切れ】
定価
1,728円(税込)
日本の金融工学はどのように発展してきたのか。それには、理系・文系の学者、実務家がどのようにかかわってきたのか。その20年の歴史を、第一人者が語るクロノロジー。

一覧新着情報

関連商品

商品詳細

目次
1
金融工学ことはじめ
2
ファイナンスはORそのものだ
3
バブル前夜の研究会発足
4
1年限定の「株式評論家」
5
MADモデルで参戦
6
MADモデルの正当性
7
マコービッツ教授の失策
8
エンジニアが嫌いな「お金の研究」
9
数学者のファイナンス参入
10
統計学者とエンジニアの共闘
11
本丸突入?経済学者との対決
12
理財工学と金融工学
13
ルーエンバーガー・ショック?傑出した教科書現る
14
文・理融合というフィクション
15
理財工学研究の拠点づくり
16
天才少年の活躍
17
因縁の対決?東工大VS東大
18
2大学同時参入
19
金融ビジネスに参入したエンジニア
20
2000年のそろい踏み
21
ガランドウ?国産技術を軽視する人々
22
個人投資家のためのポートフォリオ理論
23
金融敗戦から国家崩壊へ
24
本質的な研究とは何か
25
金融工学研究の競演
26
誤算
27
金融経済学の挑戦
28
走り続ける20世紀エンジニア

ランキング

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AIの誤解・限界を示す一方で、日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先は、教育の劣化を伴った最悪の恐慌だ。 (2018年02月02日発売)
定価:1,620円(税込)
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

未来の働き方を描いたベストセラー『ワーク・シフト』の著者が教える、100歳時代の生き方と働き方。戦略的人生設計の必読書。 (2016年10月21日発売)
定価:1,944円(税込)

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

2019年 日本はこうなる

まんがでわかる LIFE SHIFT

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

中央銀行

AI×人口減少 これから日本で何が起こるのか

HUMAN+MACHINE 人間+マシン

RSS一覧 WHAT'S NEW

記事一覧インフォメーション