東洋経済新報社

継続のお申し込みはこちら

会社四季報定期購読 最大6%OFF 年4回発売される会社四季報をまとめて購入

毎号、発売日にあわせてお届けいたします

初めて定期購読をする方はこちら

最大6%OFF!お得な定期購読料金

料金表

買い忘れなしで発売日にお手元に!

定期購読者様には毎号発売日すぐに読めるように配達しているため、いつ発売するのか分からない場合でも買い忘れなしで発売日を気にしなくて大丈夫です。

指定場所まで届くから持ち運びなしで楽々

会社四季報は情報量が多いため重さも約1キロと軽くはありません。
ですが、定期購読ならご指定場所までお届けするため持ち運びに苦労することはありません。

特典サイトも無料で読める!

『株主優待大特集号』最新版、『週刊東洋経済』2017年大予測特別版、会社四季報編集部直伝『ラクラク使いこなす 会社四季報』

定期購読をお申込みいただいた方は、『株主優待大特集号』最新版、『週刊東洋経済』2017年大予測特別版、会社四季報編集部直伝『ラクラク使いこなす 会社四季報』を特典サイトにて閲覧いただけます。

お支払い方法も幅広く対応しております

クレジットカード(オンライン決済)

VISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERS

VISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERSがご利用いただけます

郵便振替(コンビニ送金)

お申し込み受付け後、お支払いのご案内をお送りいたしますので、お近くの郵便局またはコンビニエンス ストアのいずれかで、お振込みください。

ご注意

  1. ・雑誌の到着日は配達事情によって延着する場合があります。お手元に届くのが、書店発売日より遅くなる場合もありますので、 予めご了承ください。
  2. ・定期購読には臨時増刊・別冊などは含まれませんので、予めご了承ください。
  3. ・中途解約の場合、小社の定めた精算金額に基づき、返金させていただきます。予めご了承ください。
  4. ・配送は、宅配便でのお届けになります。
  5. ・海外発送の場合は追加料金がかかります。詳しくは予約サービスセンターまでお問い合わせください。
  6. ・ご記入いただいた住所、メールアドレス等に、小社およびグループ会社より各種ご案内(事務連絡・読者調査)をお送りすることがございます。

毎号、発売日にあわせてお届けいたします

初めて定期購読をする方はこちら

あの投資家たちも定期購読を利用しています

読むところを3つに絞って、7年間毎号欠かさずに読んでいます

定期購読している四季報が到着したら、業績、予想PER(株価収益率)、チャートの3つに絞って全ページ目を通します。

7年間毎号欠かさず読んできて、目利きになってきた実感がありますよ。
読む時間が早くなり、成長しそうな銘柄を見つける精度が上がってきましたから。

株価上昇のきっかけの一つに「サプライズ」がありますが、四季報を読み続けているとこのサプライズにいち早く気づくことができる。「やった!」と思う瞬間です。

株式投資の学校講師 藤川 里絵

四季報は貴重なデータベース 定期的に読むことをお勧めします

四季報は貴重なデータベースであると同時に、四半期ごとに届けられる長編小説みたいなもの。読んでいて楽しい。

企業の記事コメントや業績予想から変化がわかりますし、値上がりしそうな銘柄を選ぶこともできる。新顔のIPO銘柄が加わり、毎号その時期にふさわしい特集が組まれていて、飽きません。

特に、ビギナーが企業を研究するなら四季報に頼ることを薦めます。
定期的に読むことで、知識も蓄積されていきます。

インベストラスト代表 福永 博之

大学のゼミでも四季報を活用 会社の「肝」を知ることができます

私は企業分析研究室のゼミを持っており、四季報を活用しています。
企業の概要をつかむのに、これほど最適なものはありません。

コンパクトに掲載された一つひとつの情報が重要な意味を持ち、会社の「肝」を知ることができる。最高値と最安値の株価が掲載されているのもいい。

ライバル企業で比較すると、より理解を深めることができる。
学生の就職活動にも、四季報はとても役立っています。

埼玉工業大学 教授 小寺 昇二

毎号、発売日にあわせてお届けいたします

初めて定期購読をする方はこちら

お問い合わせはこちら

登録内容の変更・確認、購読の解約など定期購読につきましては、FAQをご覧のうえ、不明な点がございましたら、予約サービスセンターまでご連絡ください。

※既に購読中のお客様は、購読者番号(「09」または「ZK」から始まる11桁)もご連絡いただきますと、スムーズな回答が可能となりますのでご協力ください。

予約サービスセンター営業時間

営業時間:平日9:30~17:20
休日:土曜日、日曜日、祝日、8月第1金曜日、年末年始