今申し込むと、通常でもお得な定期購読が
さらにおトクにお申し込みいただけます。

理解が深まる“定期購読だけの特典

  • デジタル版が無料で読める

    スマートフォン

    ※デジタル版無料は週刊東洋経済だけ毎週雑誌が届くほか「週刊東洋経済プラス」が無料で読めます。

  • 定期セミナー無料ご招待

    セミナーの様子

    東洋経済記者や専門家によるセミナーにもれなく参加できます。1月、4月、7月、10月開催予定。その他追加セミナーも随時ご案内

    • <過去のセミナー事例>
    • ・非正規雇用の現実
      ・市場展望と有望銘柄
    • ・鉄道ビジネス最前線
      ・原発最期の選択
  • バックナンバー読み放題

    パソコン

    週刊東洋経済の過去記事を遡って検索できるデジタルコンテンツライブラリーが使い放題

人気の特集の一部を
試し読みできます

『週刊東洋経済』だからできること

今は、何が起こるかわからない激動の時代。

これからなすべきことは過去の経験の延長線上では考えられません。

そんななか、ニュースのヘッドラインを追っているだけでは、

大きなトレンドの変わり目を見落としてしまいます。

『週刊東洋経済』は、忙しい読者の皆さまに代わって、世の中の「今」を徹底的に深掘りしお届けします。

「今」を知り、「先」を読む。

120年以上読み続けられてきました。

いま起きていることの本質をつかむには、全体を俯瞰し、長い時間軸のなかで問題をとらえる視点が欠かせません。『週刊東洋経済』はそうした問題意識で日本と世界の経済を120年以上、見つめてきました。
だからこそ、今も読者の信頼に応える記事を配信し続けることができます。

『週刊東洋経済』明治28年11月15日 創刊号

『週刊東洋経済』明治28年11月15日
創刊号

3600社すべての上場企業を知っています。

1936年から企業研究のバイブルとして扱われてきた『会社四季報』。今も3600社以上の上場企業すべてに担当記者を配置し、常に企業の今を追っているから、業界に張り付く記者ならではの鋭い視点で読み解いた記事をお届けできます。

『会社四季報』2018年1集・新春号

『会社四季報』2018年1集・新春号

60日間調べ上げて作ります。

ひとつの特集を作り上げるのに、約2カ月にわたって調べ上げます。仮想通貨ビジネスの最前線をとらえた「ゼロから分かるビットコイン」、日本の自動車産業が迎えた大きな試練を追った「EVショック」、熾烈な生存競争の行方に迫った「金融大淘汰」、といった特集に発揮されています。

誌面

『週刊東洋経済』の読者レビュー

オススメ度
  • 60代・男性

    株式投資には欠かせない情報誌

    やはり『会社四季報』で経験を積んでいる記者の企業記事は、株式投資の参考になります。

  • 40代・男性

    断片的なニュースを体系的に理解できる

    その時々の時事テーマを深掘りして説明してくれるので、
    新聞のような断片的なニュースを体系的に整理するのに役立っています。

  • 30代・女性

    わかりやすい図解のおかげで、忙しい中でも読み続けられる

    ゆっくり読む暇がなくても図解を見れば内容がざっくり把握できるので助かっています。

  • 20代・女性

    経済初心者でもしっかり理解できます

    就活を通じてもっと経済のことを知っておくべきだと感じ読みはじめました。
    自分には難しすぎるかなと思っていましたが、イラスト、図や表が多く、経済初心者でも楽しく読んでいます。

  • 30代・男性

    自分なりの考えを持てるようになった

    毎号記事の内容を自社、自分と照らし合わせて読んでいたら、だんだん自分なりの考えを持てるようになってきました。

  • 30代・男性

    定期購読で視野が広がった

    自分ではなかなか手に取らないテーマでも読んでみると意外に面白く、自分の視野が広がったのを感じています。

  • 40代・女性

    普段はスマホで、休日は誌面でじっくり読んでいます

    WEB版は最適化されたレイアウトで読みやすく、通勤中や移動中に、スマホで読めるのが便利です。

  • 30代・男性

    世界経済が身近に

    週刊東洋経済を読み始めたことで、世界経済にさらに興味深く考えるようになりました。

  • 送料0円

    送料無料で発売日にお手元に!

  • イメージ画像

    プリンスホテルゴルフ場ご優待

お支払いについて

  • クレジットカード(オンライン決済)

    VISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERがご利用いただけます。

    • VISA
    • MASTER
    • JCB
    • AMEX
    • DINER
  • 郵便振替(コンビニ送金)

    お申し込み受付け後、お支払いのご案内をお送りいたしますので、お近くの郵便局またはコンビニエンスストアのいずれかで、お振込みください。

お問い合わせ

登録内容の変更・確認、購読の解約など定期購読につきましては、FAQをご覧のうえ、不明な点がございましたら、予約サービスセンターまでご連絡ください。
※既に購読中のお客様は、読者番号(「09」から始まる11桁)もご連絡いただきますと、スムーズな回答が可能となりますのでご協力ください。

予約サービスセンター営業時間
営業時間:平日9:30~17:20
休日:土曜日、日曜日、祝日、8月第1金曜日、年末年始

注意事項

  • 購読開始号は、申込時に発売されている号の次号からの発送となります。

    ※毎週木曜24時までにお申し込みいただいた分までが次号からの発送となります。

  • 雑誌の到着日は配達事情によって延着する場合があります。お手元に届くのが、書店発売日より遅くなる場合もありますので、予めご了承ください。
  • 年間定期購読には臨時増刊・別冊などは含まれませんので、あらかじめご了承ください。
  • 中途解約の場合、送本冊数×精算単価690円で精算させていただきます。あらかじめご了承ください。
  • 配送は、株式会社ヤマト運輸のネコポスでのポスト投函となります。
  • 海外発送の場合は追加料金がかかります。詳しくは予約サービスセンターまでお問い合わせください。
  • 本キャンペーンは、2018年1月31日までに新規に『週刊東洋経済』1年プランをお申し込みされた方に適用されます。ご購読を継続されます際には、通常の継続価格となりますのであらかじめご了承ください。
  • クレジットカードの支払いでのお申し込みですと、購読を継続いただくための新たなお手続きは必要ございません。
  • ご記入いただいた住所、メールアドレス等に、小社およびグループ会社より各種ご案内(事務連絡・読者調査)をお送りすることがございます。


TOP